赤いシミの原因とシミを取る方法

赤いシミの原因とシミを取る方法

赤い,シミ,原因,方法

 

赤いシミの原因は、肌への刺激が関係しています。スキンケアを念入りにするほど肌に刺激を与え、部分的に「赤いシミ」が出来てしまうそうです。赤いシミを防ぐには、洗顔のし過ぎを避け、一日に一回のみにします。

 

シミを防ぐために日焼け止めなどを何度も練り直したり、メイクを落とすためのクレンジングで擦ったりする事はしないが良いです。休日などはなるべくノーメイクで過ごし、クレンジングを避けることも赤いシミの予防に繋がります。

 

マッサージも自分ですると、必要以上に刺激を与える可能性もあります。月に数回行ったり、肌をこすらないシートパックが良いです。テレビの「ためしてガッテン」でも、赤いシミ対策をやっていたそうです。やはり、赤いシミは摩擦と関連していて、肌はの関心が多い人ほどこの傾向が強い方です。

 

番組では摩擦で出来た炎症により、血管が広がって赤く見えると紹介したそうです。改善方法としては、フワフワした泡で洗顔する方法や、泡だけで寝生を落とす方法などがあったです。たっぷりと作ったフワフワの泡で、ぽんぽんと顔に当てるだけでメイクが落ちてしまうようです。

 

またウォータープルーフやポイントメイク以外はほとんど落ちてしまいます。最初は赤いシミでも徐々に活性酸素が蓄積され、濃いシミに変わってくることもあるそうです。摩擦を避けると、一か月や二か月で肌が生まれ変わるそうです。

赤いシミの原因と治療法

赤い,シミ,原因,方法

 

赤いシミの原因は、肌の摩擦が1番の原因です。スキンケアを行い過ぎると、悪影響で赤いシミが出来る場合があります。洗顔の時に顔を擦っていたり、化粧水と乳液とクリームを塗る時に擦り込むように付けていると肌にダメージが与えられてしまいます。

 

炎症がシミになる原因は、炎症が起こると活性酸素が発生して防御のために体内でメラニン色素が生成されるためです。治療法は洗顔料は1日1回のみにする事で、メイク落としは肌に刺激を与えやすいので1日に1回にするのが大切です。

 

休日はノーメイクで過ごして、クレンジングを避けるようにするためです。肌に優しい洗顔方法は、泡をたっぷりと作って顔の当てるだけです。これだけでメイクは落ちるので、この洗顔方法で大丈夫です。赤いシミが出来てしまったら、皮膚科に行って外用薬と内服薬を処方してもらいます。

 

外用薬にはハイドロキノン軟膏とトレチノイン軟膏があり、経過観察をした上でシミの状態に合わせて薬を塗る量や回数が決められます。内服薬はトランサミンとビタミンC誘導体とビタミンEとL−システインがあり、メラニンの発生を抑えるものと美白効果のあるものです。

 

肌の摩擦をやめると、1〜2か月で肌は綺麗になります。

シミウスホワイトニングリフトケアジェルの通販購入はこちら!トップページへシミに悩んでいる方やすっぴん美肌を目指したい方はトップページでシミウスホワイトニングリフトケアジェルについても確認してみてください。